アンテナの工事をすれば新築の家でもテレビが視聴できる

新築の家でテレビを視聴する方法

新築戸建を購入しても、テレビを見ることはできません。新築の家にはアンテナが設置されていないため入居してすぐにテレビは映らないので注意してください。

新築の家にアンテナを取り付けよう

アンテナ工事を行なえば、電波を受信することができテレビを見れます。設置にはそれなりの料金が必要ですが、その後の維持費は発生しません。他の放送を見るためならケーブルテレビなどの方法もあります。ですが、地デジ放送だけならアンテナ工事のほうが料金は安くすることが可能です。

アンテナの取り付けに対応している業者

家電量販店
家電量販店でテレビを購入すると、アンテナ工事の依頼を申し込めるのです。工事は専門業者が担当しますが、量販店が紹介する所ですから信頼できます。
電気屋
家の近くにある電気屋さんならば、周辺の電波の受信状況などを把握しています。その住宅に最適なアンテナを選んで設置するため安心できるでしょう。
新築の家を建てたハウスメーカー
家の建築を行なうハウスメーカーの中には、テレビを見るための工事を行なう所があります。工事は専門業者が担当することになり、入居前に設置してもらえます。
取り付け専門工事業者
専門業者は数多くあります。そこから、自分でアンテナ工事を行なう業者を探すことになります。他の方法と比べて料金は安くなりますが、自分で信頼できる業者かを判断する必要があるのです。

アンテナ取り付けにかかる費用

料金が手頃な所にアンテナ取り付けを依頼するのであれば、電気工事業者のほうがお得です。電気工事業者は、他の所より比較的に料金が手頃で、目安の料金について調べてみましょう。

新築の家に必要な工事費用

電気工事業者が行なう電気工事料金の相場は、6千円から4万円程となっています。その中でもアンテナ工事の相場は、1万5千円から4万円となっているのです。この料金にはアンテナの購入代も含まれていて、性能が良いアンテナだと料金は高くなります。また、屋上に取り付けるのが難しい場合も料金は変化するので気をつけてください。他には、電波が弱い地域ではブースターという電波を増幅させる工事が必要になります。その取り付けのために、別途で1万4千円かかるのです。アンテナ以外の電気工事の相場は次のようになっています。

  • 電灯配線工事:7千円から2万5千円程度
  • コンセント配線工事:6千円から4万円程度
  • アース配線工事:6千円から3万円程度
  • スイッチ配線工事:6千円から1万5千円程度

新築の家にテレビが見れる環境にしてもらう

新築のマイホームでテレビが視聴できるような環境にするには、下準備が必要になります。

取り付け完了までの流れ

電話・メールで問い合わせ

アンテナ工事に関する相談や設置の依頼は、業者に電話かメールで問い合わせることができます。スタッフがお客さんに分かりやすく説明し、現地調査の日程を話し合います。

現地調査と見積もり

業者がお客さんの家を訪ねて、電波の状態や設置する箇所の調査を行ないます。調査が終わり、アンテナ工事の見積もりを提示し工事に関する詳しい説明をするのです。

契約・作業開始

見積もりに納得がいけば、契約完了ということで取り付けを開始します。お客さんに設置している所を確認してもらい、その後に料金の支払いとなります。

取り付け工事をしたお客さんの声

女の人

アンテナの取り付けに関して、まだ気になる人も多いでしょう。ここでは、実際に設置を依頼したことがある人の口コミを紹介します。工事を依頼する時の判断材料として活用してください。

聞いている値段より安く設置できました(32歳/大阪府)

電気工事業者に依頼すると、家電量販店で提示された値段より安く工事を依頼できました。工事もスムーズに行ない、その日の内にテレビが見られるようになりました。

対応してくれた現地のスタッフさんが親切!(34歳/埼玉県)

電話で工事に関する質問をすると丁寧に対応してくましたし、見積もりの際の説明も分かりやすかったです。アンテナに関する知識がない私に、分かりやすく何度も説明してくれて嬉しかったです。

TOPボタン